ブラジリアンワックスによる脱毛方法

日本ではまだあまりなじみの無い脱毛方法に、ブラジリアンワックス脱毛と呼ばれる脱毛方法がある。
ブラジリアンワックス脱毛とは、脱毛する部分、主にVラインの脱毛に用いられることが多い脱毛方法である。
ブラジリアンワックス脱毛は、脱毛用のワックスをVラインに塗り、引き剥がす方法である。
引き剥がすことによって脱毛するため、痛みを伴うことが多い。
そのため、脱毛して数日は脱毛した部分が赤くなったり、毛穴が目立つことがあるが、数日で赤みが無くなり、毛穴も目立たなくなる。

ブラジリアンワックス脱毛は自分で脱毛やVラインの手入れをするよりも、安全かつ肌への負担が少なく、長持ちするといわれている。
ブラジリアンワックスはワックスを塗って引き剥がす方法により無理やり引き剥がすことによって脱毛するので、肌への負担が心配されることが多い。
しかしながら、ブラジリアンワックス脱毛はかみそり負けを起こすことも無く、自己処理による黒ずみの心配も無い。

ブラジリアンワックス脱毛は、自己処理による脱毛よりも毛の再生が遅いという利点もある。
エステサロンでのVラインの脱毛は一つ一つ毛をレーザーで焼くことで脱毛するので、脱毛が完了するまでに時間がかかる。
他方、ブラジリアンワックスは一回の施術で綺麗に脱毛できる。急に水着を着ることになったばあい、
自分で脱毛するよりも、ブラジリアンワックス脱毛で、綺麗さっぱり脱毛してもらった方が簡単なのでオススメである。