脱毛トラブル毛膿炎について

カミソリや毛抜き、脱毛機器を使って自分で脱毛する人は多いですが、我流の脱毛ケアでは肌トラブルを引き起こすことが多々あります。その中でもかなり深刻な症状なのは毛膿炎。特にワキのムダ毛処理の時に起こしやすいトラブルです。脱毛機器、毛抜き、カミソリなどが充分に清潔を保たれていない場合は毛膿炎になる可能性大。ですよ。毛膿炎とは、ムダ毛処理をしている際に毛穴から細菌が入り化膿してしまうことを言います。脱毛機器、毛抜き、カミソリ等を使う時は肌を痛めやすいので、痛めた毛穴からはより細菌が入りやすくなるのです。

この細菌とはブドウ球菌です。黄色ブドウ球菌、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌とがあり、これらのブドウ球菌のどちらか、もしくは両方のブドウ球菌が毛穴の奥の毛根を包んでいるところに感染して起こす症状です。毛穴の奥の毛根を包んでいる箇所のことを「毛包」というので、毛包炎とも言われています。軽い症状の場合は痒みや痛みもあまりなく放っておいたらいつの間にか治っていますが、ひどく膿んでしまうとその箇所に熱を持ったり、痛みや痒みがひどくなる場合も多々あります。黄色ブドウ球菌に感染している方がより症状はひどくなるようです。

痛みや痒みがひどい場合は、化膿止めとなる抗菌薬を数日間服用するようです。症状がひどくなったら、毛膿炎が治った後にも皮膚が色素沈着を起こす場合もありますから、脱毛処理した後に違和感を感じるようであればなるべく早い段階で皮膚科専門医に相談した方がよいかもしれませんね。自宅で手軽にできる脱毛ケアにはこんなトラブルの可能性が隠れているのです。まずは、今使っている脱毛処理のアイテムの管理状態を見直した方がいいですね。脱毛ケアには清潔が第一です。